メインコンテンツに移動

ナレッジマネジメント

Afconsはエンジニアリング界における魔法使いとして知られています。私たちにとってプロジェクトの着手に、タフすぎるということはありません。私たちのプロジェクトの実績に目を通すと、Afconsでは並外れたエンジニアリングと建築技術が要であるという事実を証明することができます。そして、私たちはこのような挑戦的なプロジェクトを、スケジュール内もしくは予定より早く、予算内、かつ最高の顧客満足度で実行できるよう努めています。

Afconsのこの特色は、世界的に認められたナレッジマネジメントプラクティスによってサポートされてきました。

2012年に開始されたナレッジマネジメントイニシアチブは、豊富な専門知識を適切に反映しプロジェクトを完成させるという実績に反映されました。

ナレッジサービスグループ(KSG)が重要な役割を果たしているのです。Afconsが実行する全てのプロジェクトは、常に新しい知識の恵みを生み出しています。この良い循環の形成は、2つの要素から成り立ちます。まず、知識の力を肌で感じ、受け入れること。 そして、学習内容を習得し、実践との循環に活かすことです。

AfconsのKMプログラムにおける特筆すべき特徴として、知識の普及と同様に、知識の獲得にも同等に重点が置かれていることです。定期的なキャンペーンによって補完されるその確かなシステムは、従業員の意欲と期待を生み出していきます。それにより組織内でナレッジマネジメントは活性化され、そしてAfconiansは貢献するだけでなく共有することによって、長期的に利益の確実性を向上させるのです。

ペースで学ぶ

プロジェクトにおける提携。

必要な知識と専門知識を共有するためにプロジェクトへの深く関与すること そして、知識吸収ために適切に参加すること

ビジネスユニットとの連携:

ビジネスユニットと連携し、対象分野の専門家やデータベースを通じて、必要な形式で適切な知識を活用できるようにすること

学び、共有し、成長する文化

Afconianが新しいスキルを獲得し応用するという、成長する機会を創出

それぞれのAfconianとの関わり:

すべてのAfconianが個々に知識と学習の力を体験てきることを保証

これらの理由により、Afconsは2018年上期と直近では2019年に、グローバル、アジア、インド地域の MIKE (Most Innovative Knowledge Enterprise)賞の受賞者として発表されました。

Most Innovative Knowledge enterprise

MIKE Awardは、MAKE(Most Admired Knowledge Enterprise)Awardの進化版です。初年度のグローバルMIKEの調査においては、8つの国またはゾーンが参加しました。オーストラリアとニュージーランド、中国、香港、インドネシア、インド、イラン、日本、メナ(レバノン)です。

これは、AfconのKMイニシアティブがインド、アジア、およびグローバルが3年連続で認められた中の3年目です。以前も、インド、アジア、およびグローバルで、Teleos UKおよびKnow Networkから「最も賞賛される革新的企業」として、2016年および2017年に連続して認められています。

この成功とは別に、Afconsは2018年にKM Society of Singaporeからthe global KRO Awardを受賞しました。Knowledge Ready Organizationフレームワークは、不安定で不確実な環境で成功するために、知識を活用する基盤ができていることを決定づけました。

ナレッジマネジメントに真摯に取り組んできており、今では、「ネクスト・レベル」を追求するAfconsの重要な戦略的基盤となっています。「ナレッジ企業」に進化する、という明確なビジョンがここに表れています。

AfconsはCOVID-19と戦います